ALL ON 4

ALL ON 4(オールオンフォー)とは

総入れ歯や、たくさんの歯を無くしてしまった場合のインプラント「ALL ON 4(オールオンフォー)」をご紹介します。

以前は片顎すべて(14本)歯が無い場合、多く(8~10本)のインプラントを埋め込む手術が一般的でした。インプラントを埋め込む本数が多いと手術時間も長くなるため、術後の腫れも大きく、費用もかさみました。

しかし、最近の研究で日常生活に必要な片顎12本の人工の歯を支えるために必要なインプラントは4~6本で充分であるという症例が認められました。
必要最少本数(4本)で上または下の歯をすべて支える方法、これがALL ON 4(オールオンフォー)の考え方なのです。
ALL ON 4の考案者であるDr.Maloのオフィス(リスボン、ポルトガル)に出向き、Dr.Maloから直接ALL ON 4(オールオンフォー)のすべてを学ぶに至り、いかに優れた方法であるかを実感いたしました。

「ALL ON 4(オールオンフォー)」と普通のインプラント治療との比較

  • インプラントの本数が少ないため、費用の負担を軽減できる
  • 治療回数、期間が短い。
  • 治療当日より食事が可能。
  • 手術時間が比較的短く、術後の腫れや痛みが少ない。

以上の理由から、患者さんの精神的な面でも負担を減らすことが可能であり、欧米での普及が進んでいます。

また、顎の骨が薄い場合、従来ではインプラント治療をあきらめるか、あるいは大がかりな骨の移植手術をしてから行うしか方法はありませんでした。このような場合にも、オールオンフォーであれば骨の移植手術なしにインプラント治療が行うことができます
顎の骨の状態により、4本では十分でないと考えられるときは、埋入するインプラントをさらに1~2本追加する場合もあります

顎の骨の状態にもよりますが、基本的にはインプラント埋入を行った当日に仮歯を固定しますので、術後の日常生活に支障をきたすことがありません。